横浜創英大学

ヨコハマソウエイダイガク

誰かを幸せにするための4年間の学び

キャンパス所在地

横浜創英大学

看護/こども教育

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1

学部・学科紹介

看護学部(80名)

看護学科

MORE

こども教育学部(80名)

幼児教育学科

MORE

この学校の特徴

「考えて行動のできる人」の育成

本学は、創設者堀井章一の「考えて行動のできる人」の育成を建学の精神に据えて、昭和15年に創設されました。堀井章一は、建学の精神について「教育の根本義は、人間に『考える生活』の基礎を与えるものであり、人間は深く考えることに依って、その生活行動に中正を失わず、自己の完成へ進み得る」と述べています。この精神は、本学の理念として創設以来一貫して引き継がれています。

4段階の教育システム(看護学部)

看護学部では、まず「教養教育分野」で自然科学(論理性)と人間科学(人間性)を学ぶことで、看護実践の基礎となる人間力と学士力を身に付け、次に「専門基礎分野」で健康生活への支援に必要な人の身体的、精神的、社会的側面及び法的側面から対象を理解する力を修得します。そして「専門分野」で『看護の基礎』『発達段階の看護』及び『生活の中の看護』の3分野を体系的に学び、さらに「看護の統合分野」で、看護実践に必要な看護機能を統合化した看護学を修得します。

モチベーションがあがる多彩なキャリア支援プログラム(こども教育学部)

こども教育学部では、4年間かけて学年に合わせたサポートプログラムを段階的に行います。公立の保育士、幼稚園教諭を目指す学生は「公務員講座」を毎年2回ずつ無料で受講できます。また、幼稚園や保育園、施設等の園長や卒業生から現場の話を聞けるガイダンス等も多くあり、学生たちは熱のこもった話に大いに刺激を受けています。

入学希望者に求める事

入学者に求める素質・人物像

必要な知識や技能を進んで学び、人々の育ち・生活を支えようとする人 いろいろな力を幅広く身に付け、それらを実践に生かしていく人 課外活動やボランティア活動などで仲間と協働し、率先して活動していく人 自分の良さを生かしながら、持っている力を総合して挑戦していく人

卒業までの学費(※)

学部・コース名
時間帯
男女
初年度納入金
卒業までの総額
看護学部
男女
1,933,500
6,834,000
こども教育学部
男女
1,513,010
5,152,040
  • 学校によって学費納付金の他に別途、必修の留学費用や教材費など諸経費等がかかることもあります。
  • 正確な金額については必ず学校HPや学校案内で最新情報をご確認ください。

入試情報・入学案内

入試のポイント

看護学部総合型選抜の募集人数が昨年度2名から9名に増加。進路を早く決めたい、資料を読み取り考える力を試したい方にぴったりの受験方法です。試験日は10月10日(日)です。

データファイル

オープンキャンパスのポイント

事前予約制。対面式のオープンキャンパスを実施します。大学の先生はもちらん、在学生と直接話ができます。総合型選抜及び学校推薦型入試の受験を検討している方は、各入試対策を行います。こども教育学部の総合型選抜は、大学の先生がマンツーマンで入試アドバイスを行い、必ず合格できるように対策を実施します。

横浜創英大学

住所

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1

交通アクセス

JR横浜線十日市場駅、または東急田園都市線青葉台駅からバスで郵便局前下車、徒歩5分

問合せ先

企画入試課

  • 住所:〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
  • 電話:045-922-6105
  • E-mail:nyushi@soei.ac.jp