日本電子専門学校

ニホンデンシセンモンガッコウ

一人ひとりに、未来への約束。

学部・学科紹介

コンピュータグラフィックス科(160名)

1979年、日本初のCG専門教育を始めた本科は、約5,000名の卒業生の多くが、CGデザイナーとして業界の第一線へ巣立っています。その活躍の場はゲーム・アニメ・映画・CMなど多方面に及びます。業界から常に厚い信頼を得ており、業界で活躍する卒業生を通じた太いパイプにより、学科創設以来良質な就職実績を維持しています。

MORE

CG映像制作科(80名)

本科は1974年に始まった放送芸術教育と1979年に始まったCG教育をあわせ持つ数少ない学科として始まりました。海外映画・ドラマをはじめ、テレビ・CM・MV・PVなど、あらゆる映像でニーズの多いVFX※制作技術を中心に学び、映像作品を作りあげます。卒業生はVFXアーティストや3DCG デザイナー、コンポジッターとして様々なCG映像業界で活躍中です。 ※VFX=3DCGを使って特殊な映像を制作し実写映像と合成する視覚効果

MORE

コンピュータグラフィックス研究科(40名)

巨大なドラゴンが破壊する建物や街、変幻自在に変化する水でできたモンスター、魔法で応酬するヒーローたち...。ハイエンドな映像作品に登場する破壊や爆発、実写にしか見えない流体のCGエフェクトなど、高度なCG技術を習得。卒業後はプログラミング技術を駆使したCG制作ができるテクニカルCGクリエイターをめざします。

MORE

ゲーム制作研究科(100名)

ゲーム制作に必要なプログラミング、デザイン、サウンド、プランニングの全てを学習します。ゲーム制作会社同様、1人が複数のチームで制作するプロジェクトスタイルを通して質の高いゲームを制作。そのレベルの高さは「日本ゲーム大賞」入選や、学生作品に発売オファーがあったことでも証明済み。現役クリエイターの直接指導も多数実施しています。

MORE

ゲーム制作科(160名)

ゲーム制作にはプログラミングが必要不可欠です。専門学校初のゲーム制作専門学科として27年間のゲームプログラミング教育に関するノウハウを持つ本科。未経験者が2年間でゲームプログラマになるために必要な技術と知識を、授業スケジュールと学習内容に合わせて作られた12冊の本科オリジナル教科書で体系的に学習します。

MORE

ゲーム企画科(40名)

斬新なゲームのアイデアには企画力が必要です。それをカタチにするにはプログラミングやデザイン技術も必要不可欠です。本科では、こうしたプログラミングやデザイン技術を兼ね備えた人材を育成します。プロによる講演・作品評価を数多く実施することで“売れるゲーム”を生み出せるゲームプランナーをめざします。

MORE

アニメーション科(50名)

日本アニメーションの代表的な魅力の一つが手描きによる作画です。本科では、手描きによって得られる個人の感覚表現や確かなデッサン力(静物デッサン・クロッキー)に加え、動画としての表現力を基礎から応用まで幅広く習得。業界から求められる知識や能力を身につけたアニメーターとして、将来活躍できる人材を輩出しています。

MORE

アニメーション研究科(30名)

コンピュータを使った特殊効果、CGを利用したメカ表現など、常に新しいチャレンジを続ける日本のアニメ業界。本科では、手描きをはじめ、最終的な映像出力まで、アニメーション制作の全工程を習得。より応用力の高い人材を育成するとともに、業界が必須とするコミュニケーション能力も備わった、アニメのスペシャリストを育成します。

MORE

グラフィックデザイン科(30名)

広告、雑誌、ポスター、パッケージ、ゲーム、Web、スマートフォンアプリや電子書籍など、幅広いフィールドにおける「デザイン」を学ぶことができます。有名企業との連携授業では企画プレゼンテーションを行うなど、社会に出てからの実務同様のプロセスを体験。入学直後のワークショップでデザインの考え方や基礎を学べるので、未経験者も安心です。

MORE

AIシステム科(70名)

「自分好みの服をコーディネイトする」「同時通訳をする」「車を運転する」など、人間が考えて行う作業をAIに代行させることが可能になってきました。日本電子では、1987年に本科の前身に当たる人工知能科を設立。“AIシステム開発教育のパイオニア”として実績を積んできました。従来のシステム開発技術に加えて、「AI」「ビッグデータ」「IoT」の3つの技術を総合的に身につけた次世代のITエンジニアを育成します。

MORE

Webデザイン科(30名)

WebデザイナーやWebディレクターに必要な「企画立案」「プレゼンテーション」「デザイン制作」「サイト構築」などをトータルに学べる学科。授業では企業がクライアント役となり、要望に応えるWebサイトを制作。プロの現場と同様の制作手法を通して実践的な技術を身につけます。また、授業外で取り組むチームプロジェクトに参加することで、より技術力を磨けます。

MORE

ケータイ・アプリケーション科(40名)

iPhone、Androidに代表されるスマートフォン市場をはじめ、iPadなどのタブレット端末にいち早く注目。長年広告業に携わってきた業界出身者によるビジネス企画や、ビジネスマネジメントの授業も実施。アプリ開発はもちろん、在学中に作品をリリースできる環境もあり、ビジネスマネジメントやデザインなどアプリ制作に必要な技術や知識をトータルに身につけます。

MORE

情報ビジネスライセンス科(30名)

ビジネスパーソンとして不可欠なコミュニケーション力や問題解決力を持つ人材を育成。グループワークなどを通して楽しみながら学習します。加えて「SNS」「クラウド」などのインターネットを使った最新技術を、日本マイクロソフトと連携したカリキュラムで習得。今の企業が求めるキャリアと業界を選ばない汎用性の高いスキルを身につけます。

MORE

情報処理科(160名※昼間部・夜間部の合計)

IT業界でもっとも多く活躍している技術者がプログラマ。学習過程を5段階に分けた「5段階ステージアップ学習法」や、自分の適性や好みに合わせて選択できる「6つの選択コース」を設置し、未経験者が学びやすい環境を整えています。プログラム言語自体を知らない初心者の方が、ゼロからしっかりと学びプログラマをめざすのに、最適な学科です。

MORE

情報システム開発科(80名)

アジャイルやクラウド、AIなどを活用した最新のWebシステム開発技術・手法と、エンジニアに必須の普遍的な知識を短期間でバランス良く身につけることができるのが本科の特色。プログラミング技術はもちろん、システム設計から開発までの全工程を学び、プログラマの上位職種であるシステムエンジニア(SE)をめざします。大学や社会人経験のある学生が多いのも本科の特長です。

MORE

高度情報処理科(40名)

上級システムエンジニアをめざし、現役SEの講義やインターンシップなど、積極的に企業と連携をしています。そして、ビッグデータやクラウド、AIなど、最先端の技術を導入。充実した環境で学習できます。また、オラクル社のアカデミープログラムの導入や、産学連携でシステム開発をする卒業制作など、就職対策にも力を入れています。

MORE

ネットワークセキュリティ科(100名※昼間部・夜間部の合計)

コンピュータへの不正アクセスや悪質なハッキング、重大な障害を引き起こすコンピュータウィルスなど、巧妙化するサイバー犯罪から企業の信用や人々の暮らしを守るセキュリティエンジニアを育成します。本科ではネットワークやサーバの基本技術を理解した上で「サイバーセキュリティ」などのセキュリティ技術を習得します。

MORE

高度電気工学科(30名)

本科では電気主任技術者や電気工事士などの国家資格取得を目指します。太陽光発電などの新エネルギー技術について、現場でのメンテナンス技術やエネルギー情勢など、今後の技術者に必要とされる内容も学んでいきます。また、最先端技術として注目を集める、電力の送受信を双方から最適化する「スマートグリッド」など、「電気」と「IT」の融合化に関する技術も身につけます。

MORE

電気工学科(100名※昼間部・夜間部の合計)

空港、ビル、アミューズメント施設などの大型建造物や鉄道などの交通インフラの電気設備の設計・維持・運用・管理・監督を行う人材を育成します。経済産業省「電気主任技術者」認定学科である本科では、全教員が電気主任技術者または電気工事士の資格を保有。電気業界の実務に沿った授業で卒業後、即戦力として電気業界で活躍できる人材を育成します。

MORE

電気工事技術科(50名)

一般家庭やビルなどの電気工事、インターネット関連の設備工事を行う人材を育成します。プロと同じ実習機材を使って現場経験豊富な教員が行う授業は、電気工事士資格取得はもちろん、実際の工事現場で役立つことばかりです。卒業生は東京ディズニーランド®をはじめ六本木ヒルズや東京スカイツリー®など、有名な建造物の電気工事も行っています。

MORE

電気工事士科(50名)

電気工事会社やビル管理会社、通信設備会社などで活躍する電気工事士を1年間で育成。本科では実習・実験・演習の割合が50%以上におよぶため、体系的に実践的な技術が身につきます。卒業と同時に「第二種電気工事士」を無試験で取得できるうえ、工場、ビル等の大型電気設備などに携われる上位資格 「第一種電気工事士」の取得も強力サポートします。

MORE

電子応用工学科(40名)

スマートフォンなどの身近な製品をはじめ、車の自動運転やFPGA、今、世界中で注目されているロボット関連の製品まで、幅広い分野のモノづくりを支える、ハードウェア技術や組込みシステム、プログラミング技術を身につけられる学科です。初心者でも安心の教育体制。数年後にはあなたも「引く手あまた」な人材になれることは間違いありません。 ※FPGA...再設計可能な集積回路のこと。

MORE

この学校の特徴

独自の学習システム

カリキュラムの中心は、各学科独自の専門科目。長年の教育ノウハウに基づく約400科目のオリジナル教材やテキストで、より高い学習効果を上げるための工夫がなされています。幅広い分野から選択できるエクステンション科目や、社会人に必要なリテラシー科目などもあり、一人ひとりの興味や学習サイクルに細かく対応できるカリキュラムになっています。

プロの仕事を体験できる

様々な企業と連携し、3DCGを駆使した映画の制作やコンピュータシステムの開発をはじめ、在学中にプロの仕事を経験できるプロジェクトを数多く実施しています。さらに、ゲーム会社やCGプロダクションなどの制作現場で実務を行う「インターンシップ制度」も用意。企業から実力を評価され就職に結びつくケースも多くあります。

学外のイベントやコンテストで、高い評価を獲得

「東京ゲームショウ」25年連続出展をはじめ、プロが審査する「日本ゲーム大賞」にて学生作品がアマチュア部門優秀賞を受賞、「技能五輪全国大会」での金・銀・銅メダル敢闘賞独占、さらに日本代表として国際大会進出など、学外のイベントやコンテストへも積極的に参加して、実績を残しています。

入学希望者に求める事

卒業までの学費(※)

学部・コース名
時間帯
男女
修業年限
初年度納入金
卒業までの総額
コンピュータグラフィックス科
男女
2年
2,545,000
CG映像制作科
男女
2年
2,545,000
コンピュータグラフィックス研究科
男女
3年
3,817,000
ゲーム制作研究科
男女
3年
3,817,000
ゲーム制作科
男女
2年
2,545,000
ゲーム企画科
男女
2年
2,545,000
アニメーション科
男女
2年
2,545,000
アニメーション研究科
男女
3年
3,817,000
グラフィックデザイン科
男女
2年
2,455,000
AIシステム科
男女
2年
2,455,000
Webデザイン科
男女
2年
2,455,000
ケータイ・アプリケーション科
男女
2年
2,455,000
情報ビジネスライセンス科
男女
2年
2,441,000
情報処理科
昼/夜
男女
2年
昼 2,441,000 夜 1,315,000
情報システム開発科
男女
2年
2,441,000
高度情報処理科
男女
3年
3,693,000
ネットワークセキュリティ科
昼/夜
男女
2年
昼 2,455,000 夜 1,315,000
高度電気工学科
男女
3年
3,409,000
電気工学科
昼/夜
男女
2年
昼 2,285,000 夜 1,315,000
電気工事技術科
男女
2年
2,319,000
電気工事士科
男女
1年
709,000
電子応用工学科
男女
2年
2,285,000
  • 学校によって学費納付金の他に別途、必修の留学費用や教材費など諸経費等がかかることもあります。
  • 正確な金額については必ず学校HPや学校案内で最新情報をご確認ください。

入試情報・入学案内

入試のポイント

6月よりAOエントリーの受付がスタートします。AOエントリーをするには、事前に条件をクリアする必要があります。詳細は本校公式サイトでチェック!

データファイル

オープンキャンパスのポイント

完全予約制の来校型のオープンキャンパス&体験入学を開催しています。また、外出を控えたい方、遠方でなかなかご参加できない方を対象に、『オンライン学校説明会』を毎日テーマ別に開催。学校見学&入学相談も随時受付中です。※事前にご連絡の上お越しください。

動画

成長の理由 〜成長へのスイッチ〜

【学生編(アニメ、CG、ゲーム、デザイン、電気分野)】 最初からすごい人・順調な人は少数派です。でも、誰でも自分の道を見つけたらスイッチが入るはず。日本電子専門学校の学生たちに、どんな成長があったのかを取材しました。

日本電子専門学校

住所

〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4

交通アクセス

JR総武線「大久保駅」南口より徒歩2分。西武新宿線「西武新宿駅」北口より徒歩5分。都営大江戸線「新宿西口駅」より徒歩6分。JR山手線「新大久保駅」より徒歩7分。JR・私鉄各線「新宿駅」西口より徒歩10分。

問合せ先

入学相談室

  • 住所:〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4
  • 電話:0120-00-9691
  • E-mail:jp@jec.ac.jp