新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校

シンヨコハマシカエイセイシシカギコウシセンモンガッコウ

歯科医療のスペシャリストを目指す。

学部・学科紹介

歯科衛生士科(40名)

1年次は生物学や英語、倫理学といった教養系科目と平行して、解剖学や生理学、口腔衛生学などを学習。2年次から学生同士で歯科衛生士役、患者役、アシスタント役、見学者を交互に務めさまざまな視点で行う相互模擬実習を実施。3年次は、歯科医院や大学病院、幼稚園、老人ホームなど多彩な現場で臨地実習を行い、実践力を養成します。

MORE

歯科技工士科(35名)

国家試験科目に沿ったカリキュラムで専門基礎分野、専門分野を2年間通して学び、2学年では国試対策も行います。歯の形をパソコン上で設計する機器を揃え、最新歯科技工にも力を注いで即戦力を養成。ボランティア実習や歯科技工士として働く講師陣による生きた教育で、リアルな仕事の様子を掴み、求められるスキルも獲得します。

MORE

この学校の特徴

最新の設備を揃えた新校舎が完成!!

2022年に新校舎が完成!!歯科医療のスペシャリストを目指すための教育の場にふさわしい最新機器や教育内容がここに揃いました。各学科専用の教室やトレーニングルーム、ラボラトリー、合同講義室や図書室といった学びの環境に加え、6〜11階を学生寮としても紹介可能です。

希望就職率100%

歯科衛生士科の学生には、歯科診療室はもちろん、総合病院歯科・保健センター・介護福祉施設・歯科関連の企業など、歯科技工士科の学生には、大手から中小まで様々なデンタルラボはもちろん、技工所を併設する歯科医院や歯科メーカーなどの歯科関連企業など、それぞれ多くの職場からたくさんの募集が集まります。また、本校で歯科技工士の技術を手に海外留学したり、より技術を高めるため進学をする学生もいます。

学科独自のカリキュラム・保証制度

歯科衛生士科の接遇「美人★レシピ」では、メイクアップや美しい身のこなし、言葉遣い、患者様とのコミュニケーションなど、職場で輝ける女性を目指すための様々な授業を実施しています。 歯科技工士科では、卒業時に万一就職できない場合、同校系列の歯科技工所で技術を磨きながら就職活動ができる「完全就職保証制度」や、国家試験に合格できなかった場合も学費免除で勉学を継続できる「国家資格合格保証制度」を用意しています。

入学希望者に求める事

アドミッションポリシー

・当校の教育理念・教育目標に共感し、自らの目標を達成すべく、向上心を持って学習できる者。 ・他者への思いやりの気持ちを常に持ち、「素直・正直・謙虚」であることを心掛けている者。 ・ 心身ともに健全を保つことを心がけ、清らかな心で生活することを実行できる者。

卒業までの学費(※)

学部・コース名
時間帯
対象
修業年限
初年度納入金
卒業までの総額
歯科衛生士科
男女
3年
918,000
2,454,000
歯科技工士科
男女
2年
1,380,000
2,610,000
  • 単位:円
  • 学校によって学費納付金の他に別途、必修の留学費用や教材費など諸経費等がかかることもあります。
  • 正確な金額については必ず学校HPや学校案内で最新情報をご確認ください。

入試情報・入学案内

入試のポイント

入試選考の種類は、「AO入試」、「指定校推薦」、「社会人特別選考」、「一般推薦」、「一般入試選考」があります。どの入試方法が自分自身にあっているかなど、オープンキャンパスでどんどん聞いてみて下さい。

データファイル

オープンキャンパスのポイント

学校の雰囲気や、歯科衛生士・歯科技工士の仕事がわかるオープンキャンパスです。 在校生とお話が出来るので学校の様子や試験のこと、実習についてなど、なんでも聞けます。ひとりでも、お友達と一緒でも楽しめます。

動画

新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校のこだわり

歯科医療従事者を目指す学生さんに少しでも多くのものを学び・感じ・吸収して欲しいと考えております。

新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校

住所

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-8

交通アクセス

JR横浜線・東海道新幹線「新横浜駅」下車 徒歩3分、横浜市営地下鉄「新横浜駅」下車 8番出口より徒歩2分

問合せ先

新横浜歯科衛生士・歯科技工士専門学校

  • 住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-8
  • 電話:045-472-5101(代)
  • FAX:045-473-1580(FAX)
  • E-mail:info@dental-hygienist.ac.jp