横浜ファッションデザイン専門学校

ヨコハマファッションデザインセンモンガッコウ

服飾のプロを育成する横浜ファッションデザイン専門学校

学部・学科紹介

ファッションクリエイティブ科(昼間部:26名 夜間部:10名)

技術職(ファッションデザイナー・パタンナー・グレーダー・ソーイングスタッフ)を目指す人の学科です。基礎からしっかりクリエイティブ力を磨いていきます。最新のアパレルCADやヌードクロッキーの授業が特徴です。デザイン・パターン・縫製をトータルで学べます。

MORE

ファッションビジネス科(昼間部:70名 夜間部:10名)

販売職、スタイリスト、ブライダル業界を目指す人の学科です。商品や素材の知識からビジネスマナー、販売ロールプレイングまで幅広く学べます。「服作り」の授業は一切なく、現場のプロから特化したファッションビジネスをトータルに学べます。

MORE

この学校の特徴

先生が全員ファッション業界やアパレル企業の経験者!

元デザイナーやアパレルショップ店長経験者、現役のスタイリストなど横浜ファッションデザイン専門学校の講師は全員がファッションのプロ!現場を知っているからこそ、本当に必要なことが学べます。

授業の内容は将来の仕事に必要なことだけ!

“洋服を作る技術”か“ファッションビジネスの知識”。将来なりたい仕事に特化した授業だから中途半端にならずに専門性を高められます。ビジネス科は洋服作りの授業がない特別なカリキュラムです。

ファッション分野の上級資格取得が可能!社会で通用するのは2級以上の上級資格!

当校では、2級資格検定の指導ができる講師が授業内・外でしっかりサポートします! 国家資格検定の「商品装飾展示技能士」が取得できるのも当校ならではです。

入学希望者に求める事

入学者に求めること

本学は、教育理念や目標及び教育目的に共感し、次に掲げる考えや目的を持った学生を求めています。 ■ファッションに強い関心があり、学習意欲を持って取り組む人 ■自分自身が学びたい分野で活躍していきたいという強い意欲を持つ人 ■ファッション分野に求められる基礎的な知識や態度を有し、自己の課題に積極的に取り組む人 ■自分の個性を生かした専門性を身につけ、多様な知識・技能を活用しファッションの関係の職業に目標を持って取り組む人 ■ファッションの専門知識のみならず、業界を取り巻く社会の広い知識を身につけ、将来の進路に向かって何事にも積極的に取り組む人

卒業までの学費(※)

学部・コース名
時間帯
対象
修業年限
初年度納入金
卒業までの総額
ファッションクリエイティブ科 昼間部
男女
2年
980,000
1,840,000
ファッションクリエイティブ科 夜間部
男女
2年
530,000
950,000
ファッションビジネス科 昼間部
男女
2年
980,000
1,840,000
ファッションビジネス科 夜間部
男女
2年
530,000
950,000
  • 単位:円
  • 学校によって学費納付金の他に別途、必修の留学費用や教材費など諸経費等がかかることもあります。
  • 正確な金額については必ず学校HPや学校案内で最新情報をご確認ください。

入試情報・入学案内

入試のポイント

横浜ファッションデザイン専門学校のオープンキャンパスに参加をして、自分に合った入学方法を確認してください。

データファイル

オープンキャンパスのポイント

本校のオープンキャンパスは、来校型の「学校説明会」と「体験入学」と「個別相談」です。高校生を対象に、毎回テーマに沿った内容のオンライン全体説明会も開催中。各イベントの開催日程と内容をご確認の上、是非お気軽にご参加ください。

動画

イベント紹介

FashionCollectionは毎年行われる課題作品を発表するためのファッションショーです。

横浜ファッションデザイン専門学校 本館

住所

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-9-5

交通アクセス

JR京浜東北線「鶴見駅」東口徒歩1分、京浜急行「京急鶴見」徒歩3分

問合せ先

入学相談係

  • 住所:〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-9-5
  • 電話:0120-633-822
  • FAX:045-521-4731
  • E-mail:yfd@yfd-c.com