国際フード製菓専門学校

コクサイフードセイカセンモンガッコウ

「おいしい」を大切にできるシェフ・パティシエになる

学部・学科紹介

製菓製パン科2年制(120名)

本科は、1年次に洋菓子・和菓子・パンの基本技術と理論を学び製菓衛生師を目指します。また、2年次には、専攻コースに分かれた専門の実習授業に加え、学生が考案したメニューを校舎1Fのカフェや専門学校生レストランで販売。より充実したカリキュラムを設置しています。

MORE

シェフパティシエ科1年制(60名)

西洋料理を中心に日本料理・中国料理の基本技術を学べ調理師免許が取得できます。実習時間数も豊富で就職に合わせてシェフコース/カフェコース/パティシエコースが選択でき、現場に必要なスキルを1年間で習得できます。

MORE

この学校の特徴

つくる前に人としてのプロであれ

プロには何が必要でしょうか?「学生気分じゃダメ」。「おいしいケーキを作るだけでなく、売れなくちゃ意味がない」。「プロ意識が大事」。でも一番大切なことは、ずっと好きでいられることだと本校は考えます。そしてそのために一番大切にしているのは、プロである前に、ひとりの社会人として育ってほしいということ。心を大切に、社会人としての成長を促します。

プロの技を身につける 習熟度制・個別指導

技術には型があり、基準があります。本校では習熟度制・個人指導を導入し、卒業時にプロの技を全員が身につけられるよう、できるまでとことん指導しています。学生には「製菓衛生師養成施設技術コンクール全国大会」で文部科学大臣賞などを受賞者も。学びの成果は学園祭で作品にして出品。入賞作品はプロも目を見張る仕上がりです。

在校生が運営するカフェ

今や菓子製パン技術は当たり前。店の運営の全てを知り尽くしてこそ、時代に対応できるパティシエやブーランジェになれるのです。本校では、仕入れから接客・経営の全てを経験して、就職先と同じ臨場感を体感するカフェシミュレーションなど、徹底的に“現場”にこだわっています。

入学希望者に求める事

入学者に求めること

「将来、パティシエや調理師になりたいという強い意欲がある」「人との協調性があり、人を笑顔にすることに喜びを感じる」「食の安全への関心が高く、衛生的に食材や道具の取り扱いができる」

卒業までの学費(※)

学部・コース名
時間帯
男女
修業年限
初年度納入金
卒業までの総額
製菓製パン科2年制
男女
2年
1,460,000
シェフパティシエ科1年制
男女
1年
1,380,000
  • 学校によって学費納付金の他に別途、必修の留学費用や教材費など諸経費等がかかることもあります。
  • 正確な金額については必ず学校HPや学校案内で最新情報をご確認ください。

入試情報・入学案内

データファイル

オープンキャンパスのポイント

オープンキャンパスは時間をかけて本格的な実習を楽しめる来校型と、来校せずに自宅から参加可能なオンライン型の2パターンで実施。ほかにも短時間の実習に手軽に参加できる体験見学会、学校のリアルがわかる放課後見学会、担当者が個別で疑問や悩みにお答えする個別相談会も開催しています。

動画

まるわかり学校紹介

国際フード製菓専門学校

住所

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-6

交通アクセス

JR・相鉄・京急・市営地下鉄・東急線 「横浜駅」下車 西口徒歩9分、みなみ西口 徒歩6分

問合せ先

入学相談室

  • 住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-9-6
  • 電話:045-290-6200